映画「ローズ・イン・タイドランド 」観てきた。★★★★☆

伏見ミリオン座で封切られている「ローズ・イン・タイドランド 」b0074141_1803553.jpg

監督:テリー・ギリアム。ジャンルはダーク・ファンタジー とか。「不思議の国のアリス」をモチーフにした、奇想天外な作品。

←ジェライザ=ローズ役のカナダ出身のジョデル・フェルランド。2005年の作品で、撮影当時は九歳。

薄幸な身の上の少女ジェライザ=ローズの現実を乗り越えてしまう想像力と現実が織り成す奇妙な物語です。
奇想天外な他の登場人物との掛け合いが物語を進めていきます。おどろおどろしいシーンもありますが、映像は引き付けられる魅力がいっぱい。

原作本があり、それにテリー・ギリアム監督が気に入り製作されたとのこと。ポビーにとっては、初めて経験したジャンルの映画でした。
特筆は主演のジョデル・フェルランドの好演。表情豊かで、特に目の表情が魅力的。カナダでは天才子役と言われているらしい。
「ローズ・イン・タイドランド」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by pobby777 | 2006-08-05 18:00 | 映画など
<< タウンウォッチング”真昼のパブ” 久々に千種”豚とん”のワンタン... >>