今週の週末は、映画「マッチポイント(R-12)」を観るつもり。

ウディー・アレン監督がロンドンロケを敢行したサスペンス映画「マッチポイント(R-12)」。
作品観賞もさることながら、ソフィア・コッポラ監督作品で東京を舞台にした映画「ロスト・イン・トランスレーション」に出演したスカーレット・ヨハンソン。この人が観たい。
ロスト・イン・トランスレーションでは、物憂げな若妻を演じていた彼女が、今回の作品ではどんな顔を見せてくれるだろう。
観賞後にまた記事を投稿いたします。

← ウディー・アレン監督。お年を召されましたね。
[PR]
by pobby777 | 2006-08-31 22:12 | 映画など
<< 雲に秋の気配くっきり。 もうじき九月が始まる。 >>