今日は三年前の写真をアップ

平成15年7月17日熊本城を訪れたときの写真です。
b0074141_2227165.jpg
場内には足軽姿の女の子が二人。
ポビー「おおっ、足軽だねっ。」
女の子1「尻軽っ?」
女の子2「私たち尻軽じゃないもーん。」
てな、会話がございました。b0074141_22293726.jpg
気さくな女の子たちでした。ただアルバイト二日目とかで、場所を聞いても何も判らず。
b0074141_2232547.jpg
※足軽=足軽くよく走る兵の意味とか。ふだんは雑役を務め、戦時には歩兵となる者。戦国時代には弓・槍(やり)・鉄砲などの部隊の兵士として活躍。江戸時代には諸藩の歩卒(ほそつ)をいい、士分と区別された。

※尻軽=女の浮気なこと。またはそのさま。


熊本城の概要(出典:http://www.kumamotonet.jp/siro/)
日本三名城の一つに数えられる熊本城は、天正16年(1588)、肥後半国の領主として熊本に本拠を置いた加藤清正によって築かれました。築城は慶長6年(1601)に始まり、同12年(1607)に完成したといわれています。
城郭は周囲9Km(築城当時)、広さ約98万平方メートルで、その中に天守3、櫓49、櫓門18、城門29を持つ豪壮雄大な構えです。なかでも「武者返し」と呼ばれる美しい曲線を描く石垣は有名です。また自然の地形を巧みに利用した独特の築城技術がみられます。この城は以後、加藤家2代(44年)、細川家11代(239年)の居城となりました。
明治10年(1877)の西南の役に際しては、薩軍を相手に50日余も籠城し、難攻不落の城として真価を発揮しました。しかし薩軍総攻撃の2日前、原因不明の出火により天守閣など主要な建物を焼失。現在の天守閣は昭和35年(1960)、熊本市によって再建されたものです。
[PR]
by pobby777 | 2006-09-07 22:27 | 街の風景など
<< いよいよだっ! マンダラ手帳。 >>