フランクリンプランナー

これも買って少し試したけど、結局”ほぼ日手帳”に軍配。でも少しご紹介。b0074141_20415271.jpg
基本的には、一日二頁を使用。左ページに時間軸のスケジュールと時間に制約されないTO DOを書き込むようになっています。
右頁は、メモ欄。その日の出来事の日誌欄として使用。使い方のアレンジはユーザーの勝手に任せている。

フランクリンプランナーの大きな特徴は、スケジューリング以前に、自分の価値観や使命(ミッション)や役割(会社での、家庭での、等々)を明確に書き出すことにあります。
その上で、”緊急事項ではないが重要なこと”にどれだけ多くの時間を割くことが出来るかをプロットさせるための仕組みがある。
そのためのリフィルも標準セットには最初から組み込まれています。

世界中で多くのビジネスマンなどが使用しているとのこと。

ただ、ポビーにとっては使い辛い点は、他のシステム手帳とも共通ですが、一日一頁以上の構成にしたときに、最大三ヶ月ぐらいしかバインダーに挟み込めないこと。(紙の厚さが原因かも)
その解決策として、自宅の書斎等に、保管用バインダーを置き、時々バインダー本体の中味とシンクロさせたり、入れ替えたりすることだそうです。
これが面倒くさい。

でもって、ポビーは、一日一頁を実現できて365日分を持ち歩ける”ほぼ日手帳”に行き着きました。とさっ。
[PR]
by pobby777 | 2006-09-10 20:41 | 手帳/PCなど
<< マルケイの”お好み幕の内”弁当。 よく行くカフェのカウンターの片... >>