翠蓮(すいれん)へ。二回目

過日、この翠蓮(すいれん)で塩らぁめん食して、気に入ってしまったので、今日は醤油らぁめんに挑戦。b0074141_16395140.jpg
午前11時45分に入店。十席あるカウンターの空きは一席。運良くすぐ座って注文できました。ものの十分ぐらいで外まで行列。人気の店なんですね。平日なので背広姿のサラリーマンやOL風のお嬢さんも。学生さんの五人グループも居ましたね。

塩らぁめんとの違いは、魚醤中心のタレが加わり幾分節系の香りと味が引き立っている。ベースになるスープは多分変わらないことから、大きく塩と醤油を意識する区別は感じられませんでした。

六十種類の素材のエキスが溶け込んだと説明があるスープは薬膳料理を髣髴(ほうふつ)させます。味わい深いスープは最期まで飲み干しました。

今回特に取り上げたいのは、チャーシュウ。
店の中にある大きな黒板に書かれてる講釈によれば、腐乳(ふにゅう)の味と香りをしみ込ませたとあります。
この腐乳(ふにゅう)とは、豆腐に麹(こうじ)を混ぜて発酵させたチーズ状の中国の食品。中国では朝粥(あさがゆ)に添えられると云う。
ここのチャーシューは味に深みがあるのにくどくなく、なんとなく体に良さげな感じ。
醤油らぁめん★★★。

今回も至福(しふく)の十五分でした。次は味噌らぁめんに挑戦の予定。

らぁめん 翠蓮のウェブサイトは、→こちら

[PR]
by pobby777 | 2006-09-14 16:39 | ラーメン/グルメ
<< 土曜日の朝は、・・・・ 久々に幸楽苑へ >>