現代に甦るバベルの塔!?

バベルの塔は、ご存知旧約聖書の中の創世記に出てくる伝説上の巨大な塔。

実現不可能な天に届く塔を建設しようとして、崩れてしまったといわれることにちなんで、空想的で実現不可能な計画はバベルの塔ともいわれる。
16世紀の画家ピーテル・ブリューゲルが描いた絵画が有名。
b0074141_225465.jpg
名古屋駅前に、現代版バベルの塔が出現!!

多言は要しないと思います。下の写真をご覧ください。
b0074141_22372623.jpg

斜めに鉄骨が走っていますね。びっくりです。
b0074141_22394485.jpg
少し視点を変えて撮影すると、・・・・
b0074141_2244440.jpg
見ようによると、今にも傾いて崩落するかのようにも見えます。

この建設中のビルは、平成二十年二月に完成予定の学校法人モード学園と三井不動産株式会社のビル。通称スパイラルタワー。

バベルの塔を知ったのは、子どもの頃観た映画「天地創造」で。詳しい内容は忘れたが、ノアの箱舟やこのバベルの塔の建設模様。そして天の怒りをかって崩落するシーン。共通の言語を失うシーン。断片的ですが思い出します。

映画「天地創造」は、1966年、アメリカとイタリアの合同製作。ネットで調べたら、音楽は、黛敏郎が担当していたんですね。今まで知りませんでした。

♪今年の8月に別方向から撮影した写真を載せている記事は、こちら>>
[PR]
by pobby777 | 2006-11-10 22:05 | 街の風景など
<< 特典付きポイントカード。 サンタが街に、・・・・。 >>