”100文字でわかる”シリーズ。

大阪出張の帰りぎわ、二冊の新書を買い込んで、列車に乗りました。1時間半で二冊とも読めました。
b0074141_21391164.jpg
写真のどちらの本も、KKベストセラーズのベスト新書。
「100文字でわかる世界の宗教」一条真也監修。686円。
「100文字でわかる世界のニュース」橋本五郎監修。686円。

本の体裁は、右ページにキーワードをズバリ100文字で解説。これが要を得てわかりやすい。ポビーがよく知っているキーワードなど、「なるほどこう云うまとめ方ができるんだっ」といたく感心しました。
b0074141_21513339.jpg
左のページは、さらによく理解ができるように図解や少し詳しい解説が書かれている。

なんとなく知っているけど、いざ他人(ひと)に説明ができない事柄は、知っているつもりで、実は知ってない。情報過多の昨今、こんな本の存在理由は大いにありますね。

どちらの本も、「右見てなるほどっ!」。左のページも構成の仕方に工夫があり、すんなりと読んでしまえます。
中学、高校時代の参考書の体裁もこんなんでしたね。

”世界の宗教”は、合わせて「ユダヤ教vsキリスト教vsイスラム教」(一条真也著・だいわ文庫)も一緒に読むとより理解が進みます。

911や各地の民族紛争は、痛ましくもあり残念なことだと思います。ユダヤ教、キリスト教、イスラム教のそれぞれの係わり合いが理解できると、感傷的て短絡的なマスコミの報道に惑わされること無く、自分自身で思慮したり、判断することができますね。
[PR]
by pobby777 | 2006-12-12 21:39 | 本/講演など
<< かばんの中の電卓。 ”べらしお”の海老塩らーめん >>