映画「リトル・ミス・サンシャイン」★★★

中村区ゴールド劇場で、映画「リトル・ミス・サンシャイン」観てきました。
心温まる素敵な映画でした。
b0074141_18355150.jpg
監督は、どういうわけか二人。ジョナサン・デイトンとバレリー・ファリス。脚本、マイケル・アーント。出演は、グレッグ・キニア トニ・コレット スティーブ・カレル アビゲイル・ブレスリンら。

[c]2006 TWENTIETH CENTURY FOX
ジュニア版ミスコン優勝を目指す女の子とその家族らが織りなす三日間(たぶん!?)をドキュメントタッチで描くコメディー。

平均的な米国の家庭だとは思わないけれども、「ありがちだよなーっ。」と思わせる家族。
老人ホームで問題があり同居している父親の父親(おじいちゃん)。自論を出版ルートに乗せたいと目論(もくろ)む父。ニーチェに凝り”沈黙の誓い”を続けパイロットになりたいと日々寡黙に肉体訓練をする兄。プルースト研究家と自称する伯父さん。まともな母親。

副題として、ヘロイン中毒、米国版引きこもり少年、画一的な勝ち組と負け組論、自殺未遂、同性愛などを絡(から)ませて物語を進行させている。

上映時間100分の中で、副題を過不足無く見せながら、純真に突き進む少女を取り囲むファミリーの奮闘振りを温かく表現。秀逸な脚本と演出に支えられた素敵な作品ですね。

おっと、黄色いフォルクスワーゲンバス(1960代製造の)の起用もよかったですね。

「リトル・ミス・サンシャイン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by pobby777 | 2006-12-23 18:36 | 映画など
<< 想吃担担面(シャンツーダンダン... 速報:東山線が不通 >>