蝋梅(ろうばい)の花。いい香りです。

暮(くれ)にご近所の方から、蝋梅(ろうばい)を頂きました。黄色と赤の千両と一緒に家人が活けました。テレビ台の上です。
b0074141_21413669.jpg
ブログを書くようになって、花の写真を撮ることも多くなり、自然と花や植物への興味が高まってきています。ポビーにとっては、良いことです。菊と桜とチューリップぐらいしか知りませんでしたから(笑)。

この蝋梅(ろうばい)。漢字にあるように、蝋(ろう)のような半透明で、一見作り物のような花びらです。鼻を近づけると良い香りがします。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に解説されているものを要約すると、ろうばい(蝋梅、唐梅)は名前に梅がついているためバラ科サクラ属と誤解されやすいが、ロウバイ科ロウバイ属の植物だそうです。1月から2月にかけて黄色い花を付ける落葉広葉低木。
原産地は、中国(唐)で、日本には17世紀に伝えられたそうです。このことから唐梅(とうばい)とも呼ばれています。

今回も一つ勉強になりました。
[PR]
by pobby777 | 2007-01-03 21:41 | 大切にしたい季節感
<< 今のうちに何とかせねば・・・。 わが家のお節(せち) >>