映画「大奥」駄作(ださく)ですねー。

絢爛豪華(けんらんごうか)さだけがとりえの映画。

(C)フジテレビジョン 東映 FNS27社
フジテレビはどうでもいいとして、東映さん、しっかりしてくれよっ。日本映画全体に対する失望感が蔓延(まんえん)するよ。

出演陣のキャスティングは兎も角、スタッフがお粗末ですね。テレビドラマからの流れで脚本を浅野妙子にせざるを得なかったんでしょう。せめてもう少し洞察力のある活きの良い脚本家を起用すべきでしょうね。

徳川将軍家継が在位した1714年の史実にある絵島生島事件(えじまいくしまじけん)を題材に多少のフィクションでデフォルメして物語を展開しています。

絵島生島事件(えじまいくしまじけん)を題材に選んだ着眼点は良し。フィクションに仕立てる脚本が平板(へいばん)すぎますね。

本当かもしれないと思わせるような嘘(フィクション)の構築(=脚本)に磨きをかけてほしいと正直思いました。

へなちょこ歌舞伎の演技しかできなかった西島秀俊らを除き、出演陣はおおむね好演でしたね。★☆☆

「大奥」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by pobby777 | 2007-01-06 17:38 | 映画など
<< あっさりとんこつの豚とん(とん... 1月10日には、銀行窓口が混乱... >>