楽しめた。映画「マリー・アントワネット」★★★。


脚本、プロデューサーを兼任のソフィア・コッポラ監督作品。
原作は、歴史文学者のアントニア フレイザー著「Marie Antoinette」。

原作の訳本は読んでいませんが、マリー・アントワネット誕生前から生涯を、過去の文献や彼女の母親からの書簡などの膨大な歴史的資料を基に描いた伝記小説(ノンフィクション)とのこと。

映画では、1770年、マリー・アントワネット(当時14歳)がルイ・オーギュスト(のちにルイ16世)に嫁ぐ時から、1789年、フランス革命勃発に伴いヴェルサイユ宮殿からパリのテュイルリー宮殿に身柄を移される時までを描く。
b0074141_22223988.jpg

マリー・アントワネットを演じたキルステン・ダンストが好演です。末娘と謂(い)えどもオーストリア王女。幼くとも、物怖じしない凛(りん)とした側面と、幼な妻の愛くるしさを両立させる演技に好感を持ちました。

ヴェルサイユ宮殿をロケに借り受け、それぞれの史実に忠実な部屋部屋で物語を進めたと云われています。寝室、食事部屋等々。

実のある原作をチョイスし、フランス政府にヴェルサイユ宮殿をロケ地に提供させたプロデュースの手腕。

マリー・アントワネットは、きっとこのように感じて、考え、そのように行動したんだ。と思わせる脚本力(本当に思えるような嘘を上手に構成する技術)。

作品のカット構成の巧みさ、ミュージックのチョイスに伺える監督の技量。
プロデューサー、脚本家、監督と一人三役をこなしたソフィア・コッポラ女史に盛大な拍手を贈りたい。★★★。

「マリー・アントワネット」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
 
[PR]
by pobby777 | 2007-01-27 21:34 | 映画など
<< 間歇泉(かんけつせん)ある地下街。 名古屋ルーセントタワーグランド... >>