カテゴリ:ポビーの回想( 4 )

ソフトバンクと云えば、その昔・・・

ジェイフォンからボーダーフォン。そして今は、ソフトバンク。最近あちこちでソフトバンク(SoftBank)の看板を良く見るようになりましたね。
b0074141_21535483.jpg
その昔「妙な会社の名前だなーっ」と思ったものです。

昭和58年(1983年)に富士通のFM-7なるパソコンを購入しました。FM-7は、前年の昭和57年(1982年)に発売が開始されました。

当時は、現在のウィンドーズのようなプラットホームOSなるものは無く、スタンドアーロンのベーシック言語が搭載されていました。このベーシック言語自体は、確かマイクロソフトが各社の機種に合わせて供給していたような記憶です。

したがって、NECやシャープ、日立、富士通からベーシック言語を搭載したパソコンが発売されていましたが、機種に制約される制限が巾を利かせていたのでベーシック言語に本来の互換性はありませんでした。

インターネットが普及している現在と違って、その当時は、雑誌などから機種ごとの情報を得るしか方法はありませんでした。

そんな中、日本ソフトバンクから1982年に創刊された季刊誌「Oh! FM」は、ポビーにとってはありがたい存在でした。そのうち季刊から隔月刊となり、発売日になるといの一番に本屋に駆けつけたものです。


出典:
http://enjoo.com/rakugo/pasokon/gemer.html
その当時、日本ソフトバンクは、パソコンソフト(メディアは、カセットテープが主)の卸売りとパソコン雑誌の出版が主だったように記憶しています。

今日は、ちと昔を回想してみました。
[PR]
by pobby777 | 2007-01-15 21:53 | ポビーの回想

二日続けて回想記事。

日中はまだ暑いぐらいですが、朝夕は秋が深まってきたことを感じさせてくれますね。
1999年(平成十一年)当時、ポビーがお酒を飲んでた頃の回想です。
少し涼しくなると「ふぐのひれ酒」に目が無くて・・・・。よく晩酌で呑んでました。
b0074141_21254342.jpg
辛口の酒を熱めに燗をして、炙(あぶ)ったふぐひれを入れて数分。一度蓋を開けて火をつけて、アルコールを少し飛ばす。もう一度一分ぐらい蓋をして、それからおもむろに頂いてました。

酒といえば、先日四日、五日と福井に出張の折の夕食は、同行者との会食だったので、失礼の無いように、ビールを久々によばれました。酔いの早いこと早いこと(笑)。

そうそう、この写真は、当時メインで使っていたソニーのマビカ、っていうデジカメで撮ったものです。 ↓
b0074141_21553512.jpg
3.5インチフロッピードライブを内蔵し、フロッピー渡しでPCで処理してました。画素数は30万画素ぐらいだったと記憶しています。懐かしい。
[PR]
by pobby777 | 2006-10-07 21:24 | ポビーの回想

一膳飯屋(いちぜんめしや)

前出のめしや食堂もカテゴリーとしては、一膳飯屋でしょうね。
b0074141_21123666.jpg
ご飯と味噌汁と沢庵がワンセットで、おかずは、ケースの中から好きなものを選びます。基本的にセルフサービス。学食や社員食堂も、その形態に近いですね。

学生の頃、初めて一膳飯屋(いちぜんめしや)の存在を知りました。
その店は、普通の民家を、あんまり手を入れずに一膳飯屋にしたような佇(たたず)まいでした。

よく行くようになってからは、いつも少し余分に味噌汁の具を入れてくれる。白の前掛けをしたおばちゃんの顔が、今も忘れられない。

ポビー、学生時代の回想でした。
[PR]
by pobby777 | 2006-10-06 21:12 | ポビーの回想

ポビー純情十九歳の時のクロッキー

最近はめっきり縁が無くなってしまいましたが、かなりの昔クロッキー教室に通っていたことがありました。クロッキー帳が大事にしまってあったので引っ張り出してきました。
その中からクロッキーの習作を二点アップしました。b0074141_21523467.jpg
b0074141_21524762.jpg
ワンポーズ10分弱。その時間内に5Bぐらいの鉛筆で走り描き。結構しんどかったのを思い出します。
ディテールの細部よりも、全体骨格を短時間に把握する勉強でした。
ポビー純情十九歳の時のクロッキーでした。
[PR]
by pobby777 | 2006-08-20 21:52 | ポビーの回想