<   2007年 01月 ( 28 )   > この月の画像一覧

間歇泉(かんけつせん)ある地下街。

先回の大阪出張の折、帰りに地下街を歩いていると、間歇泉(かんけつせん)を見つけた。
b0074141_2147582.jpg
下からライトアップされて、かなりの数の簡潔孔(かんけつこう)が設置されている。
話しによれば、かなり昔から存在しているという。あまり他に例を知りませんが、面白いものを造ったもんですね。
[PR]
by pobby777 | 2007-01-28 21:47 | 街の風景など

楽しめた。映画「マリー・アントワネット」★★★。


脚本、プロデューサーを兼任のソフィア・コッポラ監督作品。
原作は、歴史文学者のアントニア フレイザー著「Marie Antoinette」。

原作の訳本は読んでいませんが、マリー・アントワネット誕生前から生涯を、過去の文献や彼女の母親からの書簡などの膨大な歴史的資料を基に描いた伝記小説(ノンフィクション)とのこと。

映画では、1770年、マリー・アントワネット(当時14歳)がルイ・オーギュスト(のちにルイ16世)に嫁ぐ時から、1789年、フランス革命勃発に伴いヴェルサイユ宮殿からパリのテュイルリー宮殿に身柄を移される時までを描く。
b0074141_22223988.jpg

マリー・アントワネットを演じたキルステン・ダンストが好演です。末娘と謂(い)えどもオーストリア王女。幼くとも、物怖じしない凛(りん)とした側面と、幼な妻の愛くるしさを両立させる演技に好感を持ちました。

ヴェルサイユ宮殿をロケに借り受け、それぞれの史実に忠実な部屋部屋で物語を進めたと云われています。寝室、食事部屋等々。

実のある原作をチョイスし、フランス政府にヴェルサイユ宮殿をロケ地に提供させたプロデュースの手腕。

マリー・アントワネットは、きっとこのように感じて、考え、そのように行動したんだ。と思わせる脚本力(本当に思えるような嘘を上手に構成する技術)。

作品のカット構成の巧みさ、ミュージックのチョイスに伺える監督の技量。
プロデューサー、脚本家、監督と一人三役をこなしたソフィア・コッポラ女史に盛大な拍手を贈りたい。★★★。

「マリー・アントワネット」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
 
[PR]
by pobby777 | 2007-01-27 21:34 | 映画など

名古屋ルーセントタワーグランドオープン

本日1月26日、名古屋駅前立地に名古屋ルーセントタワーがグランドオープン。写真は、過日に撮影のもの。
b0074141_2211716.jpg
写真では、右奥にあるビル。右側に大きなアールを描いています。

写真の右端は、ミッドランドスクエアの低層ビル。左端より、近鉄パッセ(リニューアル中)、名鉄百貨店、中央はJRセントラルタワーズ

撮影場所は、笹島交差点近くの三井ビル北館7階。北向きに撮影しました。
[PR]
by pobby777 | 2007-01-26 22:01 | 街の風景など

いよっ。ハマちゃん!

用事を済ませて、駐車場に戻ってきたら、斜め対面(といめん)に、ハマちゃん。「いよっ。ハマちゃん!」と、思わず声が出そうになりました。

たまーに、街中で見かけるけど、こちらも車で移動中。なかなか撮影することが叶いませんでした。

ハマー((HUMMER))H3。←たぶんH2ではなく。
b0074141_2201948.jpg
この車、ハマーは、アメリカ軍の軍用車ハンヴィー(HMMWV)の流れを汲む車。

このハマーを知ったのは、今から十数年前、テレビで岩城滉一の愛車として紹介されたのを観た時。岩城滉一は、このハマーのH1というグレード(ディーゼル6.5L)だったと記憶。
ヘビー‐デューティーなハマーに釘付けになった覚えがあります。
b0074141_22163953.jpg
←ハマーH1
出典:
http://www.hummer.co.jp/index.html
ハマーH3は、排気量3,460cc。大きな車です。しかし、初代ハマーH1の6,500ccと比べると、まるで赤ん坊のようですね。

そのハマーH1は、民生車。前述のアメリカ軍の軍用車ハンヴィー(HMMWV)を民生用にコピーされたもの。下の写真は、本家本元のハンヴィー(HMMWV)。
b0074141_22365982.jpg
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
b0074141_2238565.jpg
出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
軍用車ですから、当然重機関銃やウインチを搭載し、装甲板で武装。
そんな目で、ハンヴィー(HMMWV)とハマーH1を比較すると、これまたH1が、赤ん坊のように見えてしまいます。

算式化すると・・・・・、
ハンヴィー(HMMWV)>ハマーH1>ハマーH2>ハマーH3てなことに。

してみれば、今日ポビーが出会ったハマちゃんは、ハンヴィーからすれば曾孫(ひまご)にあたるんですね。

因(ちな)みに、今日のハマちゃんのおじいちゃん(ハマーH1)は、大飯食らいで、燃費の悪さが災いして生産はとっくに打ち切られているそうです。
[PR]
by pobby777 | 2007-01-25 21:56 | 街の風景など

記録は、破られるために有る。

昨年の12月27日の記事で紹介した担担麺専門店ぐんぽうの掲示板。
今回出掛けて、何気なく目をやると・・・、
b0074141_2140952.jpg
140辛を達成した人が居るんですね。びっくりです。
因みに、下の写真は、前述の昨年の12月27日に撮影したもの。
b0074141_21433445.jpg
記録は、破られるために有る。とは、よく云われる言葉ですが、さてさて何処までエスカレートするんでしょうかね?

ポビーは、挑戦にはエントリーしません。傍観者的興味で暫く掲示板から目が離せません(笑)。

♪H18.12/27の記事は、こちら>>
 
[PR]
by pobby777 | 2007-01-24 21:40 | ラーメン/グルメ

これは、どうかと思う。

過日、栄のオアシス21に出掛けた序(つい)でに、目に付いたラーメン屋がありました。
河豚(ふぐ)の出汁を使ったラーメン。こりゃー、一度食べてみなくては、と。
b0074141_2150425.jpg
お店の名前は、ふくらーめん楽楽楽(さんらく)。本店は東区上社にあるふぐ・季節料理店と書かれていました。らーめんへの期待が膨らみます。

結論から述べると、×××。
こりゃー、詐欺(さぎ)ですなぁー。スープの出汁は、味覇(ウェイパー)の味と香り。ひょっとして河豚の出汁が使ってあるのかもしれないけど、味覇(ウェイパー)独特のチキンの味と香りしかしませんね。

プロの料理人が、家庭で使われる中華スープの素(もと)をベースに使うなんて!

そういえば、あんまり流行っていなかったし。

好奇心旺盛が故(ゆえ)に、こういうお店とらーめんにぶち当たることもある。二度と食べに行きません。

※手厳しい批評ですが、この記事に関わらず、ポビーが感じたままを投稿しています。もしあれば、他の人の記事も参考にしてくださいね。
[PR]
by pobby777 | 2007-01-23 21:50 | ラーメン/グルメ

醤油らーめん@べらしお(堺筋本町)

しおらーめんにしておけば良かった。
b0074141_20473990.jpg
醤油らーめん(630円)。★★☆
好奇心旺盛で、一通りのメニューに挑戦したかった。美味しくはありましたが、ここのメインは、やっぱり塩ですね。

繊細なスープと天日塩の組み合わせだからこそ、ハーモニーが活きる。醤油だと、繊細なスープが何処かに行ってしまっているように感じます。
水っぽいもやしも減点対象ですね。次回食べるときは、塩らーめんにします。

♪先回の記事は、コチラ>>
 
[PR]
by pobby777 | 2007-01-22 20:47 | ラーメン/グルメ

水彩協会展@愛知県美術館

知人から招待券をいただいて行ってきました。水彩協会展(水彩・版画・素描)。
主催は、水彩協会、中日新聞、東海テレビ放送、名古屋タイムズ社。
b0074141_22144344.jpg
会場は、愛知県美術館8階ギャラリー。b0074141_22165152.jpg
ポビーの知人の知人も出品しているということで、興味をもってひとつひとつの作品を鑑賞してきました。

出品作品数は、数百点。すごい数の展覧会です。
水彩画にしても、見て水彩画とわかる作品から、油絵じゃなかろうかと思われる作品、アバンギャルド(前衛芸術)な手法を用いた作品まで展示されており、結構楽しめました。

写真撮影は、当然出来ませんので、ここで紹介できないのが残念です。
グーグルのイメージ検索で見つけた作品をリンク表示させています。↓

上記作品の出典URLは、http://www.sun-inet.or.jp/~kanedass/index.html
[PR]
by pobby777 | 2007-01-21 22:14 | 映画など

映画「ディパーテッド」★★★

原題「THE DEPARTED」。脚本をウィリアム・モナハン。マーチン・スコセッシ監督作品。
b0074141_22375244.jpg

[c]2006 Warnar Bros. Entertainment Inc.
キャストは、レオナルド・ディカプリオ、マット・デイモン、ジャック・ニコルソン、マーク・ウォールバーグら。

犯罪組織のボス(ジャック・ニコルソン)に育てられ、彼の内通者になるために警官になったコリン(マット・デイモン)。
その犯罪組織に潜入捜査を命じられたビリー(レオナルド・ディカプリオ)。

警察と犯罪組織にそれぞれ潜入した二人の運命と関わりを描いた作品。ジャンルはバイオレンスアクションかな?

上映時間は、152分。ちょい長めの作品でしたが、最初から最期まで固唾(かたず)を呑んで観てしまいました。

アメリカは、連邦制であることに加えて、自治の権限が高いことから、FBI、州警察、市警察など個別の単位を対象とする警察(法執行機関)組織が山ほどある。
また日本で云うところの麻薬取締官のような特殊な警察(法執行機関)も多数存在している。さらに日本では考えられないような組織にも警察権が与えられているという。(注1)

FBIが連邦全体の利益を考えた上で、中悪党(大悪党ではないと云う意味)と司法取引をし、彼らの犯罪に目を瞑(つむ)る代わりに、大悪党の捜査や検挙につながる情報を彼ら(中悪党)から引き出そうと企てることもあるようです。←ポビーの勝手な推測ですが・・・

そんな折、市警察や州警察が、市や州の浄化を旗印に、先の中悪党を血眼(ちまなこ)で検挙するための捜査を進めていたとすると・・・。
FBIは、連邦全体に及ぶ大規模犯罪組織の内通者(=中悪党)を失うことを恐れるあまり、秘密裏(ひみつり)に中悪党を擁護するような動きをせざるを得ない。

今日観た映画「ディパーテッド」でも、こんなことが伏線となって、他の複数のファクターも絡み合って映画最期の方で大きな弾(はじ)け方をします。

小気味(こきみ)良いカットと、ポビーの大好きなマット・デイモンの好演。大変楽しめた作品でした。★★★

香港の犯罪ドラマ「インファナル・アフェア」をマーチン・スコセッシ監督がリメイクした作品だそうです。ポビーはインファナル・アフェアを観てませんが。

(注1)ウィキペディア フリー百科事典の”アメリカの警察”を参照しました。
 
「ディパーテッド」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
 
[PR]
by pobby777 | 2007-01-20 22:36 | 映画など

朝日が目に沁(し)みる。

早朝というか、真夜中というか、昨日の近火の寝ずの番。早朝六時過ぎに自宅に帰る。
少しばかりうとうとしてから、いつもどおりテレビ体操と風呂掃除。身支度済ませて、一階の居間で熱いコーヒーを飲む。
b0074141_21383593.jpg
居間の隅(すみ)に置いてあるモアジュテームの花に反射した朝日が目に沁みる。

今宵は、少し早めに床に就(つ)きます。おやすみなさい。
[PR]
by pobby777 | 2007-01-19 21:35 | 大切にしたい季節感