タグ:アナログもの ( 20 ) タグの人気記事

もう十五年ぐらいの付き合い。

事務機器メーカーのCARLの「2-4パンチ」です。b0074141_213323.jpg
四~五枚程度の用紙のパンチには、大変重宝しています。用紙の中心線を割り出す必要が無いので、スケールゲージに用紙をあわせれば、すぐパンチ。
用紙も折り線なしで奇麗です。
b0074141_2174221.jpg
B5用紙から、A3用紙の横綴じまでに対応できます。スケールゲージを伸ばしたり縮めたりして調節します。b0074141_21102932.jpg
必要が無いので、利用はしてませんが、欧米では一般的らしいA4サイズ縦置きの三穴タイプにも対応できるそうです。

ちょっとしたことですが、使いやすい事務器が手元にあるだけで、仕事の能率が少しづつでもはかどります。
そんな意味から、少枚数のパンチには、このCARLの「2-4パンチ」はお薦めです。

CARLのウェブサイトは、→→→ここをクリック
2-4パンチの説明は、→→→→ここをクリック
[PR]
by pobby777 | 2006-09-21 21:09 | 手帳/PCなど

フランクリンプランナー

これも買って少し試したけど、結局”ほぼ日手帳”に軍配。でも少しご紹介。b0074141_20415271.jpg
基本的には、一日二頁を使用。左ページに時間軸のスケジュールと時間に制約されないTO DOを書き込むようになっています。
右頁は、メモ欄。その日の出来事の日誌欄として使用。使い方のアレンジはユーザーの勝手に任せている。

フランクリンプランナーの大きな特徴は、スケジューリング以前に、自分の価値観や使命(ミッション)や役割(会社での、家庭での、等々)を明確に書き出すことにあります。
その上で、”緊急事項ではないが重要なこと”にどれだけ多くの時間を割くことが出来るかをプロットさせるための仕組みがある。
そのためのリフィルも標準セットには最初から組み込まれています。

世界中で多くのビジネスマンなどが使用しているとのこと。

ただ、ポビーにとっては使い辛い点は、他のシステム手帳とも共通ですが、一日一頁以上の構成にしたときに、最大三ヶ月ぐらいしかバインダーに挟み込めないこと。(紙の厚さが原因かも)
その解決策として、自宅の書斎等に、保管用バインダーを置き、時々バインダー本体の中味とシンクロさせたり、入れ替えたりすることだそうです。
これが面倒くさい。

でもって、ポビーは、一日一頁を実現できて365日分を持ち歩ける”ほぼ日手帳”に行き着きました。とさっ。
[PR]
by pobby777 | 2006-09-10 20:41 | 手帳/PCなど

マンダラ手帳。

昨年の暮れに買って、今年使うかどうか検討しましたが、結局”ほぼ日手帳”に軍配が上がり、お蔵入りになりました。
b0074141_20455077.jpg
b0074141_20461327.jpg
b0074141_20463527.jpg
ユニークな発想で作られた手帳です。使ってはいませんが、かなり気に入っています。後ろ見返しに手帳の使い方を付けているあたり面白いと思いませんか?

ポビーは、結局一日一頁あるものがベストチョイスと考えています。フランクリンプランナーでも良いんですが、一年分の頁を常時バインドすることは出来ないんですよね。おおくて三か月分かな。
[PR]
by pobby777 | 2006-09-06 20:46 | 手帳/PCなど

ほぼ日手帳、ポビーの”記載例”

b0074141_21214474.jpg
ほぼ、こんな感じで記入して毎日利用しています。
筆記具は、ゼブラの”SARASA2+S"。水性ボールペン+シャープペンシル。b0074141_21293144.jpg
ほぼ日手帳の用紙である”トモエリバー”との相性はあんまり良くありません。水性ボールペンで書いて直(す)ぐ紙を閉じると、反対側の頁にインクが付いてしまいます。
でも、この水性ボールペンは筆圧がそんなに必要なく、すらすら書けるので手放せません。
まあ、ちょいとした工夫でそんなに気にならないですけどね。インク写りは。

b0074141_2143559.jpg
ポビーなりの工夫は、裏表紙にコクヨのB7サイズのメモ帳(ノ-231B)をはさげておくこと。地下鉄の路線図をはがき大(A7サイズ)の中厚紙に印刷してはさげておくこと。

[PR]
by pobby777 | 2006-09-05 21:21 | 手帳/PCなど

ほぼ日手帳2007ゲット

b0074141_13382262.jpg
たった今、ロフトでゲット。

【PCから追記】
2006年版とは、五箇所ほど変更がなされているようです。
 ①ナイロンカバーのポケットが二箇所仕様が変更。蓋付きポケット新設等。
 ②ナイロンカバーのステッチが同系色から、異系色に変更。
 ③月間カレンダーの余白が右端から左端に変更。
 ④ディリー頁に旧暦表示が新設。
 ⑤ディリー頁に元旦からの通し番号が新設。

まだ他にも変更点が有るかもしれませんが、今のところ気が付いたのは以上でした。
ロフトには昼過ぎに出掛けたのですが、結構多くの人が、サンプルを見比べていました。

A6サイズを一回り小さくしたサイズの補充ノート、アドレス帳、下敷き、付箋セット、カバーオンカバーの透明ナイロンカバーなどのオプションも品揃えしてありました。

b0074141_22214971.jpg
[PR]
by pobby777 | 2006-09-02 13:38 | 手帳/PCなど

もうじき九月が始まる。

もうじき九月が始まる。手帳売場が2007年用手帳で売場拡張される月である。
前にも投稿しましたが、手帳フリークのポビーとしましては、むずむずしてくるんですよ。

今年も十二月までに何冊手帳を購入するんでしょうか。自分のことでありながら興味津々(笑)

ほぼ日手帳はまず確保して。マンダラ手帳も興味あるし。手帳の高橋のA6版の手帳も。渋いところでナカバヤシのブロックタイプも視野に入れ。モールスキンはどうしよう。なんてね。そういえば、もう何年か前に発売開始とともに購入した超整理手帳。もう一度検討してみようか。とか。

ある方に「バカっ。」て云われてますが、今年も「バカ」な購入癖が直りそうもありません。

誤解無きよう一言。年内に「これっ」と決めてしまえば、その手帳を一年間大事に使いますけどね。b0074141_21461662.jpg
↑は今年ポビー愛用の「ほぼ日手帳」だす。
[PR]
by pobby777 | 2006-08-31 21:25 | 手帳/PCなど

ほぼ日手帳に、良い相棒。

今年の春から、手帳フリークのポビーとしては、いたくいたく気に入って「ほぼ日手帳」を使ってます。b0074141_22482688.jpg
一日一ページで製本がしてあるので、システム手帳のように途中にリフィルを挿入したりすることはできません。でもそれに余りあるぐらい使い勝手が良いのがこの「ほぼ日手帳」。
でも、時には、一日一ページを超えて書くことがあったときは、手帳ポケットに挿入しておいたメモ帳などに記入をしてました。
そんなとき、無印良品の”ダブルリングノート”に出会う。大きさもぴったりのA6サイズ。バンドが付いているので、ほぼ日手帳の外ポケットに表紙を挟み込み、バンドでひとくくり。
b0074141_22541928.jpg
[PR]
by pobby777 | 2006-08-25 22:48 | 手帳/PCなど

手帳の内ポケットにゃー、割引チケット♪


♪”手帳の内ポケットにゃー、割引チケット”♪(美空ひばりの東京キッド風に唄って下さい。)

”特急券・乗車券込みの割引きっぷ”、”映画鑑賞の株主優待券”、”吉野家サービス券”などなど。
b0074141_22322622.jpg


一枚目の画像出典:松竹ホームビデオ;http://www.shochiku.co.jp/video/v50s/sb0165.html
[PR]
by pobby777 | 2006-07-27 22:25 | 手帳/PCなど

「ほぼ日手帳2006spring」 活用事例

まず「年間予定表」に、昨年の手帳を見て大雑把な予定を記入する。
ここには、家族の誕生日、爺さん、婆さん、母親の命日も記入。地域の”大掃除”なんてのも記入しておく(直近になって月日が判明したら書き直す)。
また今年のみの予定で判っている事はこれも記入。

カレンダー形式の「月間予定表」には、月で固定してるルーチンワークの予定を記入(引落日、振込日、定例会議など)。
第四月曜日は、資源ごみの排出日なんてのも書いておく。
先の「年間予定表」に記入したものでその月のものは転記。
月日は指定できないが、その月にこなしたい事柄は、カレンダーの下の余白に書いておく。

「デイリーページ」には、週ごとに月間予定表から転記する。
早朝や就寝前に習慣付けたいタスクは、面倒なようだが毎日略語で記入しておく(体操、速聴など)。
その日のタスクが終了したら赤色のペンで二重線を引く。予定外の事柄は、やはり赤色のペンで記入。
新たな予定が入ったら、入った日に用件を記入した上で、ダブルブッキングしないように気をつけて、「月間予定表」と、「デイリーページ」に記入。
このとき予定の「デイリーページ」には、その事柄がいつ決定したかの日付を記入しておく。

「デイリーページ」のメモ欄には、発想したことや、読んだ本の気に入った箇所などをメモする。
書ききれないときは、その日以前の空白部分に記入する。もとのページには、どこのページに飛んだのかを朱記しておく。また飛んだ先のページのメモ欄には飛んできた先の月日を記入する。

・・・・・なんてことしながら、楽しく愉快に「ほぼ日手帳2006spring」 を活用しております。

使い方は、「フランクリンプランナー」を使用していたときに身に付けた活用法です。FPから「ほぼ日手帳2006spring」 に乗り換えた大きな理由は、紙さばきが非常に良いの一言に尽きます。
前にも書いたけど、用紙(トモエリバー)のしなやかさと、糸かがり製本(というらしい)による「見開き」のしやすさですね。この二つの特徴で、ページをあちこち自由自在に飛び回ることが快適です。

「ほぼ日手帳2006spring」 に感謝しとります。ありがとさん。
「ほぼ日手帳2006spring」サイトへのリンク
[PR]
by pobby777 | 2006-05-05 21:58 | 手帳/PCなど

「ほぼ日手帳2006spring」

今年3月に大阪心斎橋のロフトで購入した「ほぼ日手帳2006spring」。
わたしにとって使い心地は最高です。今までのなかで。
公式サイトや他でサイトで手帳の特徴が説明されています。
私にとっては、ひとこと「紙さばき」が快適。ってのが一番気に入ってます。
ストレスなく他の頁に移動できる(参照できる)。
これが出来るのは、用紙のトモエリバー(というらしい)の薄さと、糸かがり製本(というらしい)による「見開き」のしやすさ、に因(よ)るんでしょう。

b0074141_19582955.jpg
[PR]
by pobby777 | 2006-04-09 15:10 | 手帳/PCなど