タグ:名古屋 ( 58 ) タグの人気記事

映画「リトル・ミス・サンシャイン」★★★

中村区ゴールド劇場で、映画「リトル・ミス・サンシャイン」観てきました。
心温まる素敵な映画でした。
b0074141_18355150.jpg
監督は、どういうわけか二人。ジョナサン・デイトンとバレリー・ファリス。脚本、マイケル・アーント。出演は、グレッグ・キニア トニ・コレット スティーブ・カレル アビゲイル・ブレスリンら。

[c]2006 TWENTIETH CENTURY FOX
ジュニア版ミスコン優勝を目指す女の子とその家族らが織りなす三日間(たぶん!?)をドキュメントタッチで描くコメディー。

平均的な米国の家庭だとは思わないけれども、「ありがちだよなーっ。」と思わせる家族。
老人ホームで問題があり同居している父親の父親(おじいちゃん)。自論を出版ルートに乗せたいと目論(もくろ)む父。ニーチェに凝り”沈黙の誓い”を続けパイロットになりたいと日々寡黙に肉体訓練をする兄。プルースト研究家と自称する伯父さん。まともな母親。

副題として、ヘロイン中毒、米国版引きこもり少年、画一的な勝ち組と負け組論、自殺未遂、同性愛などを絡(から)ませて物語を進行させている。

上映時間100分の中で、副題を過不足無く見せながら、純真に突き進む少女を取り囲むファミリーの奮闘振りを温かく表現。秀逸な脚本と演出に支えられた素敵な作品ですね。

おっと、黄色いフォルクスワーゲンバス(1960代製造の)の起用もよかったですね。

「リトル・ミス・サンシャイン」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by pobby777 | 2006-12-23 18:36 | 映画など

塩デラックス@支那そば 大黒(中川区)

今年の10月中旬に出掛けたら、なんと臨時休業でした。中川区にある支那そば 大黒。なかなか近くに行く機会が無く、この12月になってやっと実現。営業中の看板を見てほっとしました。
b0074141_21505329.jpg
ワンタン、チャーシュー、煮卵の三点セットがトッピングではいる”塩デラックス”(1,100円)を注文。平日は、サービスでご飯と漬物が付く。
b0074141_21561231.jpg
トッピングでボリューム満点。上記三点セットのほかに、刻み玉葱と、焦がし玉葱、小松菜(?)が入る。

今回は、待ちに待った支那そば 大黒ということで意気込んで”塩デラックス”にしました。
大変美味しくいただけましたが、トッピングのボリュームに圧倒されて、ゆっくりスープと麺を堪能ができませんでした。(爆)

次回は、シンプルに醤油ラーメンか塩ラーメンを注文して、ベースになるスープと麺を堪能するつもりです。

この店も次から次へと客が入店して、人気のお店ですね。
因みに、ここの店主の監修で、大黒の醤油ラーメンのカップ麺がコンビニのサークルKで売られていますね。



♪店のマップはコチラ>>
[PR]
by pobby777 | 2006-12-19 21:51 | ラーメン/グルメ

時々フレンチトースト食べたくなりませんか?

ウィキペディア(フリー百科事典)によれば、・・・
フレンチトースト(French toast)は、北アメリカ、ヨーロッパの一部、アジアの一部の国・地域などで朝食や軽食としてよく食べられているパン料理の一種。主に卵と牛乳などの混合液をパンに染み込ませ、フライパンなどで焼き直したもので、しっとりした食感に変わる。
と説明されています。
b0074141_21184789.jpg
写真は、ポビーがよく行くカフェのAL AVISのフレンチトースト。これがまた美味しいんですよ。★★★。

ポビーとフレンチトーストとの出会いは、学生時代でした。友人とよく行く喫茶店で、美味しいからと勧められて、食べたのが最初でした。
「へぇーっ、こんなに美味しいもの初めて食べた。」が感想でした。

材料は、食パンとミルクと卵。あとでかけるシロップ(蜂蜜だったり)。
それぞれは、よく知っている馴染みある食材だけど、フレンチトーストとして出てきて、食べてみるとそのハーモニーがなんとも云えない美味しさです。

ところで、このフレンチトーストをメニューに入れている店って、あんまり無いですよね。少なくともポビーが行く先ではほとんど見ません。どうなんでしょう?

そんなこともあって、ポビー、時々無性にフレンチトーストを食べたくなることがあります。
[PR]
by pobby777 | 2006-12-17 21:18 | ラーメン/グルメ

山田洋次監督作品「武士の一分(いちぶん)」観賞。

今日の曜日は、女性優待デー。平日なので高を括って上映寸前に劇場に滑り込み。99.9%の満席。やっと席を見つけて観賞しました。
山田洋次監督作品「武士の一分(いちぶん)」。
b0074141_1638388.jpg

(C)2006「武士の一分」製作委員会
主演に、木村拓哉。その妻役に、檀れい。脇を固める出演陣に、坂東三津五郎、笹野高史、小林稔侍、緒形拳、桃井かおり、大地康雄ら。

脚本に関与したのは、監督の山田洋次ほか、山本一郎、平松恵美子とある。原作は、ご承知の藤沢周平。

原作は兎も角この映画作品、肩が凝らず楽しく観賞できました。
内容は、”武士の面目を果たす”ってことでしょうけど、まともに批評すれば、武士の面目たるものを、薄っぺらな解釈で物語を進めてますね。
まあ、硬い事云わずに、物語の進行を楽しめればいいと思いました。
★★☆。

ポビーは、涙しませんでしたが、場内啜り泣きを堪える声があちこちにありました。笑う場面も結構あり。所謂、涙あり、笑いあり。
豪華な出演陣と涙と笑い。計算しつくされた脚本ですなーっ。今後の興行成績はいかほどに!?

「武士の一分(いちぶん)」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by pobby777 | 2006-12-14 16:43 | 映画など

モッツアレラチーズとバジルのトマトソーススパ★★★

名駅サンロードにあるパステリア サポーレの主力メニュー。モッツアレラチーズとバジルのトマトソーススパゲティー。
b0074141_21265580.jpg
トマトの酸味を上手に引き出しています。モッツアレラチーズのモッチリした触感とバジルの風味のバランスとがあいまってとても美味しいスパゲッティーです。ポビーの大好物。★★★

トマトソースベースでは、辛いトマトソースに仕上げたアラビアータソースがあります。このソースは、まだ未体験。
b0074141_2273748.jpg
平日のランチメニューでは、たっぷり野菜のシーザーサラダ(Caesar salad)とセットで980円。半年前は、これにドリンクが付いて980円だったように記憶しています。だからちょいと値上げですね。
b0074141_21353489.jpg
来春のミッドランドスクエアオープンに照準を合わせて共有通路等の改装があったので、テナント賃料が上がったせいなのか?(一応謎)

♪前回のサポーレの記事は、コチラ>>
[PR]
by pobby777 | 2006-12-08 21:27 | ラーメン/グルメ

名古屋駅JRセントラルタワーズのイルミネーション。

12月に入り、やっとこの季節らしい寒さになってきました。過すには、少し暖かいほうが楽ですがピンときませんよね。鍋も寒くなればなるほど美味しく感じられます。
b0074141_21181251.jpg
上の写真は、12月2日(土)の夕刻5時半頃に撮影。

投影内容を3期間に分けて変化させるパノラマスクリーンとLEDイルミネーション。綺麗ですね。衿を立てるような寒さの中でこそイルミネーションの美しさが冴え渡るような気がします。

最近購入したPiviでプリントアウトした写真で見ると・・・・、
b0074141_2212463.jpg

♪タワーズライツの詳細ウェブページは、コチラ>>
[PR]
by pobby777 | 2006-12-04 21:18 | 大切にしたい季節感

小海老とホタテのジェノベーゼ フェットチーネ。

よく行くパステリア サポーレで食しました。
b0074141_21275837.jpg
↑小海老とホタテのジェノベーゼ フェットチーネ。

ジェノベーゼとは、イタリア・リグリア州のジェノバ(Genova)県うまれのソースで、 バジルペーストに、松の実、チーズ、ニンニク、オリーブオイルなどを加えたもの。
フェットチーネとは、パスタの一種で、きしめんのように幅広のパスタのことをいう。フィットチーネとも云われる。

講釈はともかく、写真で見たとおりのパスタです。生パスタにバジルソースがよく絡み、食欲を掻き立ててくれます。とっても美味しくいただきました。★★★。

サポーレの店内は、こんな感じです。
b0074141_21381254.jpg
店頭と店内に掲げられている黒板には、グランドメニューに無い月替わりのおすすめパスタが書かれています。
おとくなセットメニューは、このおすすめパスタの中から選ぶことができます。

このサポーレの主力ソースは、トマトソース。人気メニューのモッツアレラチーズとバジルのトマトソーススパは、いつか写真で紹介したいと思います。絶品です。

お店の基本情報は、・・・・
b0074141_21465155.jpg
♪前回の紹介記事は、コチラ>>
♪サポーレのウェブページは、コチラ>>
[PR]
by pobby777 | 2006-12-03 21:28 | ラーメン/グルメ

田中麗奈主演映画「暗いところで待ち合わせ」

観てきました。映画「暗いところで待ち合わせ」。
原作は乙一氏。2002年に発表したサスペンスラブストーリー。監督は、天願大介氏。
b0074141_207110.jpg

交通事故で視力を失った女性と、生い立ちに陰のある男性との奇妙なかかわりを軸に、肉親の死や事件の動向を絡ませた物語。

男女のかかわりの発端は、名作シャル・ウィ・ダンスと同じ。プラットホームに立つ男と、物憂げに窓の外を見つめる女。

ある事故(事件)を発端に物語りは意外な展開を見せていく。最期の方にサスペンスの謎解きと、緊張感から開放された心温まるシーンで幕を閉じる。

田中麗奈さん、チェン・ボーリンさん。二人の好演が光ってましたね。

スーパーから帰ってきて、買い物袋の中身を撒き散らすシーンで中味に森永アロエヨーグルト(注1)を期待しましたが、そこまでは凝ってなかったようです。

上映映画館は、伏見ミリオン座でした。
b0074141_208525.jpg
↑ミリオン座一階にあるロビー兼カフェミリオンの店内。美味しいエスプレッソも飲めます。

(注1)かって田中麗奈さんがCMに出てたヨーグルト。
「暗いところで待ち合わせ」の映画詳細、映画館情報はこちら >>
[PR]
by pobby777 | 2006-12-02 18:56 | 映画など

濃いめ焼き干し塩 by 翠蓮(すいれん)

いりなかの翠蓮(すいれん)で、秋冬限定ラーメン”濃いめ焼き干し塩らぁめん ”(800円)をいただきました。
b0074141_1544266.jpg
翠蓮(すいれん)のウェブページによると、・・・・

濃厚!
“追い焼きアゴ(トビウオの焼き干し)”仕上げの新味。
● 濃いめ焼き干し ( 塩or 醤油 )
太麺で160g、細切り炙り焼きチャーシューも多め
魚ダシが効いたややこってり味でボリュームもUP!!

たしかにアゴの香りと出汁がよく効いて魚系のスープで濃厚です。スープに負けないように何時ものチャーシューも炙(あぶ)ってあります。

メンマ、豆苗(とうみょう)、白髪葱、細切り唐辛子は、いつものとおり。スープと麺を引き立ててくれています。

ポビー流に云ってみれば、定番の塩らぁめんの進化形ですね。なおかつ、寒くなるこの季節には、うれしい一品です。体が温まります。

麺、スープ、トッピングのハーモニーは、かなりの高得点。定番品に迫る出来だと思います。★★★。

今日は昼の12時半に入店。一つだけ席が空いていました。ポビーのラーメンが席に届く頃には、5人ほどの席待ちの状態に。人気のお店ですね。

♪過去の翠蓮の記事(店頭写真あり)はコチラ>>
[PR]
by pobby777 | 2006-11-25 15:43 | ラーメン/グルメ

昼行灯(ひるあんどん)

通りがけに、写真撮ってみました。まだ陽(ひ)があり、昼行灯(ひるあんどん)の様。
b0074141_2158282.jpg
JRツインタワーズ前のクリスマス飾りとイルミネーションを東側から撮影。

来月の24日までに、良いショットができる機会があれば嬉しい。
[PR]
by pobby777 | 2006-11-20 21:58 | 街の風景など